海外ウェディング

近年、リゾートウェディングというウェディングスタイルが、多くの方に選ばれています。これは、さまざまなリゾート地であげる、ウェディングスタイルです。リゾートウェディングは、国内だけでなく、タヒチをはじめ、モルディブ、フィジー、ハワイ、バリなど、様々リゾート地でのリゾートウェディングが企画されています。海外のものは海外ウェディングともいいます。プチギフトを探す時にも海外の物を探すというのもありかもしれませんね。

 

 

海外挙式の最大のメリットは、やはり「自分たちの憧れの挙式」を挙げることにあるでしょう。
海の見える本物の教会、格式高い荘厳な教会、自然の中に佇む古城での挙式など、いずれも日本国内にはないロケーションで挙式を挙げることができます。
また、海外で挙式をする場合、披露宴のような煩わしさがありません。その場所柄、大勢の友人や仕事の関係者を呼ぶことは難しく、それゆえ周囲の人間に配慮 した式を挙げる必要もないわけです。2人だけで挙げる人も多く、自分たちの思う通りの挙式をおこなうことができるでしょう。
海外での挙式は、国内でのそれに比べ、より気軽に式を挙げることができます。それゆえ、熟年カップルや子連れカップル、派手な挙式を好まない人などから人気があるのです。「ちょっと海外旅行のついでに」、そのカジュアルさこそが海外挙式が人気になる理由のひとつです。

デメリットとしては、同行者の「渡航費用は誰がもつの?」、「同行者のスケジュールは?」など、海外ならではの不安がつきまといます。一般的に同行者の旅行の費用は、同行者各々が負担するようです。そのかわりにご祝儀を遠慮してもらったり、旅行中のオプションツアーの料金などを新郎新婦が支払ったりするなどの心遣いをするようにすることが大事だと思います。また、同行者の旅行の手配は、新郎新婦が自分たちの旅行の手配と一緒におこなうことが多いようです。同行者に、海外旅行初心者が多い場合は特に、まとめて手配をしてしまうとスムーズになります。また、旅行中は、どうしても同行者に気をつかってしまい、新郎新婦が「同行者のお世話係」になりがちです。せっかくのハネムーンなのに、2人きりになれななんてことも多々あるようです。そのため、同行者には日本語のオプションツアーに参加してもらうなど、あらかじめ旅のスケジュールを決めておくのが良いでしょう。同行者とのトラブルは、親しい間柄だけあって、後々まで持ち越したくないものです。金銭的な問題にしろ、現地でのスケジュールにしろ、早い段階で同行者に明確に伝え、了解をとっておきましょう。

 

また、海外挙式に憧れはあっても、やはり気になるのはお金の面といえるでしょう。一般的に「挙式費用」と呼ばれるものは、「挙式料金+オプション」を指しています。挙式料金とは、挙式場の使用料のことで、通常、基本プランとして会場の使用料の他に、牧師様・音楽奏者への謝礼、日本語コーディネーター、結婚証明書、ブーケ及びブートニア、ホテルから会場までの送迎、挙式記念写真3枚程度などが含まれています。挙式料金は、挙式を挙げる国や会場によっても変わりますが、平均して20~30万円ほどです。オプションには、どの会場であってもたくさんのプランが用意されており、金額もプランによってかなりの差がありますので、一概にはいえません。フォトツアーやヘアメイクなどが人気があるのですが、フォトツアーは5~12万円、ヘアメイクは2~5万円と安くはありません。ヘアスタイルは大体ドレスと一緒に考える事が多いですが、もし資金を抑えたいのであればカツラやウィッグをあらかじめ通販サイトで探しておくのも一つあります。オプションは、予算と合わせて考え、必要なものを選択すればよいのですが、挙式費用の平均合計金額は70万円といわれていますので、みなさんかなりのオプションをつけているのが実際のようです。他に、新郎新婦の衣装代や現地への渡航・滞在費、同行者がいる場合は現地パーティー代や同行者の渡航費などが必要となります。


注目サイト


東京のマンスリーマンション業者を見つけられます



Last update:2019/6/6