来客への心遣い

ゲストに喜ばれる演出の中で、常に支持を集めているのが「ゲストへのメッセージ」となります。これは一人一人の席札に、手書きでメッセージを入れるというもので。このサービスは「心づかい」が嬉しい!というものです。当日の主役はもちろん新郎新婦ですが、また同時にお客様をもてなす主催者側の立場でもあるのです。ゲストの皆さんはわざわざお二人の為に時間もさいて、お金もかけてお祝いに来てくれています。よく「お車代はいくら位準備するものですか?」とか「タクシーチケットは必要ですか?」とか引き出物や内祝いのギフトはどうすればいいですかという質問があります。もちろんそういった心配りも大切になってきます。内祝いのギフトならメルシー工房をお勧めします。引き出物なら定番はカタログギフトだと思いますが、自分たちらしさを出したいのであればオリジナルのアイテムを混ぜるのもいいかもしれません。しかし、さらにちょっとした心づかいをする事で、何倍もゲストに喜んでもらえるというものです。「心づかい」とは相手の立場になって考える事で、ここではそんな心遣いの例を挙げていこうと思います。

 

女性のゲストへの心遣い

レストランなどで結婚式を行う場合、女性の方であれば、当日は着替えをなさる方も多いでしょう。そういう方へ「更衣室を準備しています」など更衣室のご案内を一言そえてあると安心できます。また、お着物を着ようと思っている方にとっては着付けとヘアセットがどこで可能かは気がかりとなります。特に遠方から来る方は土地勘もありませんので、自分で探すのは大変な事です。そこで、会場近くの美容室のご紹介や、ホテル内にある場合もそこで可能な事などを伝えておけば、ゲストに余計な心配をかけずにすむのではないでしょうか。また、子供連れの女性への心遣いとして、おもちゃやおやつを準備しておくのもよいと思います。子どもにとっては、2時間半の披露宴は退屈なものです。そこで、ちょっと遊ぶものがあったりするだけで、その退屈な時間を多少なりとも楽しい時間に変えることができるでしょう。この時のおもちゃ選びのポイントは音がでなくて小さめのものということです。これはお子さんの年齢に合わせて選ぶことができればなお良いでしょう。具体的にはパズル、折り紙、お絵かき道具、塗り絵、絵本、ミニカー、ブロック等がおすすめです。また、会場が準備してくれる所も多いですが、エプロンの有無も確認してみましょう。お子さんのせっかくのよそゆきのお洋服が汚れないようにしてあげましょう。そして、小さいお子さんの場合、おむつ換え・授乳室のご案内をすることも重要です。大きな会場はだいたい授乳室などが整備されていますが、親にとってはこういう情報は本当にありがたいものなのです。また、子供用のかわいいコップなどでのおもてなしをすることでさらに良い印象をあたえることができます。子どもにガラス製のコップでは親はヒヤヒヤしると思いますし、大きくて飲みにくかったりします。プラスチックのかわいいコップなどがあると子どもも喜びますし、親も安心と良いことずくめです。会場も準備している場合もありますが、ちょっと洒落たコップを置いてもてなしてみてはいかがでしょうか。

 

 

遠方からのゲストへの心遣い

遠方からわざわざ来てもらっているゲストの方には「帰りの交通アクセスのご案内」をすると喜ばれるでしょう。ゲストは「行き」に関しては気合を入れて調べていくものなのですが、案外帰りの事は考えていないことが多いのです。また、一体何時ごろに披露宴が終わるのかもよくわかっていないことが多いため、帰りの交通機関の時刻表のコピーなどがあると大変助かるでしょう。また、遠方からのゲストは、着替えや洗面具などなど、ただでさえ荷物が多いものです。そして当日は引き出物などで、さらに荷物が増える事が予想できるため、引き出物が重い食器だったりするとかなりの負担になってしまう恐れも有ります。このため、荷物の宅配サービスなどの案内をすると喜ばれます。全員の方への対応は難しいと思いますが、遠方や年配の方へは配慮するとよいと思います。

pickup

中央区にある不動産売却業者の口コミ

最終更新日:2017/8/18