最近、レストランウェディングという、一流のシェフの食事で祝う、ワンランク上のウェディングスタイルが注目を浴びています。この、レストランウェディングとは、通常のウェディングをレストランで行うといったフォーマルなレストランウェディングです。また、フォーマルなものだけでなく、気の合う仲間とさらに楽しく盛り上がる2次会といったレストランウェディングも多くなされているようです。ウェディングスタイルが、多様化している現在において、レストランウェディング多くの方に選ばれているスタイルといえるでしょう。レストランウェディングは、通常のウェディングをレストランで行うといったフォーマルものや、それだけでなく、気の合う仲間とさらに楽しく盛り上がる2次会といったものも、レストランウェディングとしてみなされています。

 

この、レストランウエディングのメリットはなんといっても自由度が非常に高いことで、最近は一般の結婚式場でも、引き出物等の持ち込みはあたりまえになってきていますが、引き菓子や衣装などを全部持ち込むのは依然として難しいですし、持ち込み料を請求する式場も地域によってはまだまだあるというのが現状です。その点、レストランウエディングの場合、ほとんどの場合婚礼専門でない場所で行うために、業者からのマージンほしさに引き出物を無理に勧められるケースは少ないと思われます。また、料理以外のものを自分で手配できれば当然安くあがりますし、オフリールのブライダル特販などの企画を利用すれば、更に安くなります。そして、安いだけでなく、良いレストラン、良い業者を使うことにより、極端な話通常の結婚式の半分程度の予算でも、招待客によりおいしい料理をだして、よりクオリティーの高い引き出物やおいしい引き菓子などをお持ち帰りしてもらうことが可能となるのです。デメリットには何があるのでしょうか。当然のことですが、必要なものすべてを自分で手配しなければならないことが第一に挙げられるでしょう。招待状、衣装、引き出物、引き菓子、司会、ビデオ撮影などは必ず必要でしょうし、ケーキカットとかキャンドルサービスとかやりたければ、更に多くの業者を使わなければなりません。また、婚礼はタブーもあり、いくらレストランウエディングでも目上の方などを招待した場合、礼を逸した行為は慎まなければならないという課題もあります。しかし、これらの手配は楽しんでやれるものですし、これらの業者には必ずプロがいるため、プロのアドバイスを受けながら手配していけばすばらしいウエディングができると思います。

 

少し以前にジミ婚が流行りました。レストランウェディングもジミ婚に分類されるのではと思うのですが、少し違った印象があります。以前多かったのは披露宴というよりパーティーに近く、家族や親戚より友人のために企画したといった感じが強かったのですが、最近は、かなり披露宴といった感じが強くなってきており、家族や、近い親戚、親しい友人のみの招待というのが多いように見受けられます。もちろん、仲人などはなく、余分な挨拶などはカットするなど、余分なことはしないケースが多いようですが、こういった場合、親戚中心でやるケースが良いかもしれません。今後の生活のことを考えるのなら、親戚に正式な挨拶をすることはかなりのプラスになります。病気や災害、家の購入、まして独立して起業するなどの考えのある場合はなおさらと言えるでしょう。特に将来において経済的負担を伴う場合や、保証人が必要な場合は親戚に頼らざるを得ないこともでてきます。ですから、筆者は年長者が納得できるような婚礼を行うべきなのです。

check

2015/4/7 更新